日経CNBCブログ
Caster's Voice

2017.02.03 (Fri) 佐久間 あすか

未来を担うクリエーター!関心高まるプログラミング教室

「世界中で楽しんでもらえるゲームをつくりたい!!」
1月半ば、アップル銀座店で、小学生プログラマーたちが独自で開発した3D
ゲームを発表するイベントが開かれました。会場で披露された開発途中の
画面には、多数のプログラミング言語が並び、ITにまるっきり弱い私は、ただた
だ驚くばかり…。米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)にもプレ
ゼンをしたことがある小学4年生の女の子をはじめ4人の生徒は、プログラミ
ング言語を使い、半年間にわたってゲームを作成。工夫した点、難しかった
点なども含めて、自身の作品を見事にプレゼンテーションしました。
昔は、ファミコンのカセットにふうふう息をふきかけながら、みんなでスーパーマリオやドラクエ3に夢中になってテレビにかじりついていたっけ。。。自分のこどもの頃を思い起こすと恥ずかしいかぎりですが、私のようにただゲームで遊ぶだけでなく、今やITの力を身につけ、何かを生み出す力も備えている。子どもならではのユニークな発想とクリエイティビティを発揮している小学生たちは、もう立派なエンジニアといっても過言ではないほど、目を見張るものがありました。

デジタル化が普及するなか、このようなプログラミングへの関心が高まっています。今回のイベントを開催したのは、サイバーエージェント子会社のCAテックキッズ(東京・渋谷)です。2013年から、ゲームをつくりながらプログラミングを学べる教室を展開し、今では、全国8か所、通っている生徒は1200人にのぼります。また、本格的にゲームクリエイターを目指す小学生を対象に応援する奨学金制度をもうけ、冒頭で紹介した4人も奨学金を得て100時間にわたりプログラミング学習に取り組みました。

この奨学金制度のスポンサーでもあるサイバーエージェント、日高裕介副社長は、「わが社のゲーム事業でも、数千人のプログラマーやデザイナーを抱えているが、それでも圧倒的に足りない。全国レベルでも深刻な人材不足にさらされている。できるだけ若いうちにプログラミングに触れられる環境を提供し、世の中に還元していきたい」と話します。

ゲームに限らず技術革新が急速に進むなか、国も「IT人材育成」の指針や対策を掲げています。しかし、人材不足解消に向けての取り組みはなかなか進んでいません。今後、ロボットや人工知能(AI)、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」といった技術革新が広がるなか、これらを開発し駆使する人材を確保することが、企業の間でも急務の課題になってくるでしょう。デジタルの世界が広がるなか、教育面では、2020年度からプログラミング授業が小学校で必修化されることが決まりました。

子どもをプログラミングスクールに通わせているお母さんは、「ものごとの論理的な考え方やITリテラシーも鍛えられるのはいいかな。みんなの前で堂々と発表する姿を見ると、頼もしいとも思う」と話します。

ただ、小学校での必修化については、本当に必修化が必要なのかという議論や、今後どのような形でプログラミングを教えていくのかといった課題もあります。小学生プログラマーたちは実際どのように感じているのでしょうか。

「技術が発展するなかで、なるべくみんながやった方がいいと思うけど、サッカー選手になりたい人がやってもね…夢がこわされてしまうのはどうかな」「もっとプレゼンがうまい人や発想が豊かな人もいるから、正直な気持ちを言うと、ライバルが増えるのはイヤかな。(笑)でも、プログラミングは将来的には社会で働くときに必要な力になると思う」と、思い思いの答えが返ってきました。

4人が製作した携帯アプリゲームはすでに「App Store」でリリースされています。

小学生たちのスゴ技を見て、自動化やIT化の中で、私もロボットアナウンサーなどに代替されないよう「伝える技術を磨いていかねば!」と強い刺激を受けたのでした。